下園壮太の評判

下園壮太の経歴とプロフィール

下園壮太は心理カウンセラーとして活動されている方で、プチ認知療法の考案者でもあります。また、下園壮太は陸上自衛隊衛生学校でメンタルヘルスやカウンセリングなどを医師や看護師に教えています。心理カウンセラーとして実績や知名度もあるせいか、下園壮太のカウンセリングセミナーは予約がなかなか取れないと言われています。うつ病を患っている人やその家族のなかには、インターネットで情報を検索していて、下園壮太やプチ認知療法のことを見たことがある人もいらしゃるでしょう。また、下園壮太は書籍もいくつか出しているので、既に読んだことがある人もいるかもしれませんね。

 

下園壮太 プチ認知療法の詳細はこちら

うつ病の治療法について

うつ病の一番の治療法は、休むことです。
そうはいっても、仕事や学校を長期間休むわけにはいきません。

 

病院での治療には、抗うつ剤の処方や認知行動療法があります。
精神科では、患者の症状に合った抗うつ剤が処方されます。
代表的なのがSSRIやSNRIで、ポジティブになるような脳の働きを補助します。
抗うつ剤は、便秘や吐き気などの副作用を伴うこともありますが、副作用が比較的少ないのが、四環系抗うつ薬 です。
うつ病は再発しやすい病気なので、再発させないために、認知行動療法という精神療法が取り入れられています。

 

うつ病を罹る人は真面目で責任感の強い人が多く、休むことに罪悪感を感じやすいです。
でも、休養は人間には必要なものです。
休むためには、周囲の人の理解と協力が必要です。

 

東洋医学ではうつ病は鬱症と呼ばれ、漢方薬の処方や針、ツボ押しなどで、症状の軽減に導きます。
漢方薬で代表的なのは加味帰脾湯で、副作用や依存の心配が少ないのがメリットです。
うつ病に効果が期待できるツボもあり、手や手の周辺にある神門と内関、合谷が押しやすいです。

 

もちろん、こうした治療法で鬱病が完治することは難しいので、下園壮太のプチ認知療法を試してみる価値があるのです。効果には個人差がありますが、既に多くの方が下園壮太のプチ認知療法を実践して結果を出しています。